亀戸天神と六本木ヒルズ

2011.01.08 Saturday

0
    JUGEMテーマ:散歩
     新年真っ盛りのころは出来なかった亀戸天神への初詣だ。
    相変わらずスカイツリーの眺めは壮観だ。圧倒的な眺めとしかいいようがない。
    亀戸天神は神社の中がひとつの街であり古くの日本の街を表現しているかのように思える。
    季節によっては神社ないの藤棚が本当にきれいになることでも知られているが
    これがスカイツリーが完成後には日本でも有数の観光名所になることは間違いないだろう。
    本当にきれいです。
    そして猿回しなどや屋台も楽しい。
    そうお祭りが日常にある感じでしょう。

    今日は亀戸の駅から徒歩で向かったが前回は錦糸町からの徒歩。
    というわけで帰りは錦糸町から半蔵門線にのり六本木ヒルズに向かう。
    永田町で南北線に乗り換え麻布十番へ向かう。
    麻布十番の商店街は私が広尾病院に入院していた際に何気に覚えた場所だ。
    まったく関係のない土地だったのだが今ではなんとなく勝手になじみの町になり始めている。
    麻布十番の駅と六本木ヒルズは目と鼻の先だ。
    乃木坂や六本木は路線の違いがあり使うことはまずない。
    千代田線や日比谷線は神楽坂からはひたすら使いづらい路線なのだ。
    乗り換えが大手町や茅場町となるために、まあ人が多い!

    とまあ何気に六本木ヒルズに向かうのであった。
    目的は東京タワー。
    2011の文字が浮かぶその姿もまた壮観。
    いまだに六本木ヒルズ周辺はイルミネーションがきれいな状態。

    新旧タワーを同日に見るというのもなかなかのものだ。

    ただし東京都庁の展望台からは同時にみることも可能。
    まあなんともいえない大都市の発展ということだろう。

    というわけで本日のお散歩は終了した。
    本当は途中で軽く迷子もあった。
    うーん実は麻布十番の前に六本木一丁目で下りてしまったのだ。

    いやーまあおのぼりさんの私だった。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL