呑気に芝浦湾岸食堂から虹の橋を渡って呑気にお台場散歩の後は浜松町から麻布十番へ。

2014.03.01 Saturday

0
    JUGEMテーマ:散歩


    土曜のランチは湾岸へ連れてって、ということで田町から歩く。
    時間がなく神楽坂からではなく田町から湾岸へ、そして虹の橋を渡りお台場へ

    田町は相変わらず静かに広々とした感じでいつもいい感じだ。



    階段を下り。。正確にはエスカレーターを降り(まあ結構あるのだ。おっさん一人であれば余裕だが、妻はね。。。普通には結構大変なはず。。。道路へ降りる。そのまままっすぐ歩けば芝浦アンカレイジ。その手前に湾岸食堂。
    だがその目の前には有名なセメント会社の工場が・・・・・だがこれが湾岸、芝浦さ。
    その昔、この近くの秋元運輸倉庫に顧客が事務所を借りていたから毎月1度は来ていたようなところ。
    もともとなじみはあるのだ。で、かつ子供のころ倉庫で暮らしたい(要は昔の探偵物の見過ぎだな)欲求があったので本当にこの街は大好き。街というよりもガイだな、そう、倉庫街。



    倉庫街手前に湾岸食堂。俺はここが本当に大好き!実際にうまい。
    土曜ランチ専門だから他の曜日はわからないけれど、土曜日に軽く湾岸→お台場へ散歩というのであればここのランチはお薦め。ただし14時まで。本気でいいよ、ここは。俺はまぐろ丼が好き!



    で、湾岸食堂からの眺め
    どうしても虹の橋しかみていないのだが・・・というかここにゆりかもめが走り、湾岸道路を車が走っていく。





    食事が終わった後で外に出てもこの感じ。



    で、虹の橋までは本当に男の世界。時期によってはつりをしている人もいたりする。(いいのか悪いのかはわからない)
    うーむ、元大きな繊維の大会社の本社で今は有名倉庫会社の本社だ。
    上階の一部は確か住居として貸しているところがあったりもするビルだ。
    うーむ、隠居候補地だな。



    そうこうするうちにセメント屋さんを過ぎ虹の橋のふもとに到着するわけだ。





    そして警備に方にあいさつして芝浦アンカレイジに入っていく。



    そしてエレベーターを上り湊の雰囲気や大井ふ頭を感じることができるようになっていく。



    うーん大井ふ頭は今日は天気が悪いから写りが悪い・・・



    エレベーターを降り、そして橋の遊歩道に入っていく。
    この時間は交通量が結構あったりすることもある。
    だがそれがこの橋の大きな役目だ。
    「虹の橋頑張れ!」
    そんなところだな。



    ということで芝浦から虹の橋遊歩道に到着。
    後はまた明日!



    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL