昨日のおさんぽ・・・・バス&電車だが、駅構内は歩いた。しかし海はきれいだった。

2011.05.09 Monday

0
    JUGEMテーマ:散歩
     昨日のGW最終日、おさんぽといいつつ行くところは電車で旅立つしかない。
    おさんぽの範囲は神楽坂-飯田橋間の徒歩区間&飯田橋−大手町区間での東西線の後の東京駅構内と葛西臨海公園の中だ。
    神楽坂から飯田橋の間でちょっと100マックへ。コーヒーを買って飲む。そうするとなぜかアップルパイが付いてきた?いや、買ったのか??謎だ。
    まあそのまま飯田橋まで歩き、なぜか駅ビルでコーヒーを飲む。
    2階の喫煙エリアにはテーブルがあるが昨日は休日ということもあり人がいないので喫煙エリアで飲む。私はタバコは吸わないので人がいないとまさに天国。
    天気もよく眺めも悪くないというか雰囲気はひとがいなければかなりよい。

    まあそれから飯田橋から大手町へ東西線にのり京葉線を目指す。
    大手町は適当に出て、東西線大手町から東京駅京葉線ホームを目指す。
    結構あるからまあいい運動だ。
    途中で朝食がまだだった妻がぐずりだし(?)何気にパンやさんで適当にパンを買った。
    そして東京駅を目指す。丸善のある出口から駅に入るが、案外人はいない。
    というかそれを狙ったのだが。
    呑気に歩く。歩く、歩く。
    何気に歩いていると応援団のような恰好をした学生のおにいちゃんが目の前をあるいていた。
    背中には女の子の名前が・・・・・・・よくみるとAKB////へーー本当に人気があるのだということを実感させられた。ちなみにその名前から顔は想像できない。というか最近2人ほど名前を理解した程度だから仕方がないのだが。
    まあそして京葉線のホームにつき電車にのる。
    何故にこのルートなのか?
    実は市川動物園に行くか、葛西臨海公園に行くかで悩んだからなのです。
    だが14時からは試合開始。帰らなければならない。頑張れベイスターズ!というわけです。

    まあそうこうするうちに葛西臨海公園に到着。

    いやあ本当に適度な人のなかでの公園散歩だ。
    その上に天気は最高だ。

    本当に葛西臨海公園は最高。その昔、向かい酒のんでこの公園に来てまた軽く飲んで寝ていたら大やけどという笑えないこともやったが(まあ日焼けの行き過ぎということで容赦)・・・・・・

    しかし心配な出来事が目の前でおこったようだ。
    たまたまカフェテリアゾーンにいて(まあ自動販売機ソーンなのだが)お年寄り夫婦が喧嘩をしたそうだ。(最初はそう思ったようだ。)
    妻は目撃してしまったようだが私はそのあとの奥さんの嘆き声だけが聞こえてきた状態。
    何事かわからなく妻に話を聞いて夫を探しにいった。
    だがおそらく、想像はついていたが

    認知症の奥さんを公園に散歩につれてきたけれど。。。。。という状態だったようだ。

    夫を探し話を聞いた。
    思わず涙してしまった。

    私の祖母も認知症になり母が大変な思いをしたことを知っていたからだ。
    夫に話を聞いていて私の経験を素直に涙ながら話たら、妻にところに戻ってくれた。

    だけど本当に大変なことはわかっているしなんとも言えなし、安易に救いの手をさし延ばすこともできない。

    社会の暗部と言える部分なのだ。これが本当の

    政府はほぼ理解がまだできていないこの実態を目の当たりにしちょっとつらい日になったが、やはり休日。気を取り直して海岸へ。

    しばらく妻と話ていた。

    「本当にこれでよかったのかなあ・・・・」

    本当にわかりません。ただあのままではどちらも可哀想だということだけはわかります。
    なんとか夫婦で歩いてくれたことだけが救いだったかと。

    とこれはこれでその後は海ほたるをめちゃくちゃ遠くから見て、そしてネズミの国の外観を見て葛西臨海水族園へ・

    水族園は大混雑!

    まあ目的はペンギンなのでまあ目標達成。

    それから帰りました。

    帰りはバスで東西線西葛西へ向かう。

    心はすでにベイスターズだ!

    そして快勝。

    なんとも言えない1日の救いの本塁打だった。

    野球は人間の気持ちを救うの典型例だろう。


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL